昨年、無観客で練習試合が行われた際のペイペイドーム=2020年3月20日、福岡市

 プロ野球ソフトバンクは18日、福岡県に発令されている緊急事態宣言が解除されるまで、主催試合の全てを無観客で開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、感染拡大防止へ、試合開催による人の流れを抑制するための自主的な措置と説明した。

 緊急事態宣言の期限となる31日までに、1軍では本拠地ペイペイドームで22、23日のオリックス戦と28〜30日の巨人戦の計5試合が予定されている。宣言が延長されれば無観客を継続する。販売済みのチケットは払い戻しする。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む