青森県平川市は17日、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店と、タクシー・運転代行業の事業者に、1事業者当たり最大20万円の支援金を交付すると発表した。感染防止対策について市の14項目の認証を受け、売上額減少の条件を満たす事業者が対象。また、市内のねぷた団体にも、活動継続のため支援金を交付する方針を明らかにした。

 市商工観光課によると、飲食店などの支援金の対象は、4月30日までに開業し、手指消毒の徹底や入店時の検温などで市の認証を受けた事業者。今年1~5月のうち任意の3カ月の売上額が、2019年か20年の同期間と比べ20%以上減-などの条件がある。

 飲食店などへの支援金の事業費は1200万円で、今月17日付で予備費を充てた。6月1日からの申請受け付けを予定している。

 ねぷた団体への支援金は、「平川ねぷたまつり」が2年連続で中止となったことを受け、ねぷた文化の継承などを目的に実施する。22年度に制作、運行を行う団体に定額20万円。本年度、ねぷた絵などのキャンセルができず支払いが生じる団体には10万円を上限に交付する。事業費は810万円で、6月の定例市議会に事業費を盛り込んだ21年度一般会計補正予算案を提出する。