中途採用となる医療従事者の人材確保に向けた助成制度を設けた野辺地病院

 公立野辺地病院(青森県野辺地町)は本年度、中途採用となる医療従事者の人材確保に向けた取り組みとして、新たに就職する人と紹介した同病院職員へ、ともに3年間、月額3千円ずつ助成する制度を創設した。さらに、新たに就職する人の本籍が北部上北3町村(野辺地町、横浜町、六ケ所村)になく、採用1カ月以内に3町村に住民票を移した場合には計10万円を支給する。同病院によると、公立病院では全国でも珍しい取り組みという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。