動画撮影に臨む対馬さん。「太宰作品や津軽弁の楽しさを感じてほしい」と話す=16日

 青森県五所川原市金木町出身の作家太宰治の命日「桜桃忌」(6月19日)を前に、中泊町の若手有志でつくる地域おこし団体「社中」は、同町小泊の語り部・対馬てみさん(70)が小説「津軽」を津軽弁で朗読する動画を制作した。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。