ウォルトの配達員。爽やかな水色のシャツとかばんが目を引く=13日、青森市長島
注文を受けた料理を届けるウォルトの配達員
配達されたパエリア

 自転車やバイクでの料理宅配サービスを展開するウォルトジャパン(東京)が、4月から青森市で営業を始めている。スマートフォンのアプリやウェブサイトで飲食店の料理を注文すると、同社と契約した配達員が指定の場所まで届ける仕組みで、業界大手の本格営業は県内ではウォルトが初めて。担当者によると、利用状況は他県のエリアでの営業開始時より好調だという。20日には八戸市にも進出する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。