三沢基地への着陸態勢に入る米海軍の無人偵察機MQ4Cトライトン=15日午前9時12分

 米海軍が今月中旬から約5カ月間、三沢基地に一時展開する無人偵察機MQ4Cトライトン2機のうち1機が15日午前、同基地に到着した。「周辺国の軍事活動が活発化する中、海洋監視活動を強化する」(防衛省)狙いで、日本国内への展開は初めて。西太平洋地域を活動範囲に情報収集、警戒監視、偵察哨戒任務の支援運用などを担う。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。