「青天の霹靂」の田植え作業=15日午前、平川市西野曽江

 青森県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の田植えが、中南地域で着々と進んでいる。晴天となった15日は、平川市西野曽江の工藤憲男さん(69)の水田でも始まり、市場デビュー7年目を迎える霹靂の出来秋を願いながら作業に汗を流した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から