離れ「詩夢庵」で案内方法を確認するボランティアガイド

 大正期の貴重なステンドグラスが残る青森県中泊町の旧家「宮越家」の一般公開を前に「宮越家ボランティアガイドの会」(成田寛会長)は11日から、ガイドシミュレーションを始めた。25日まで4回にわたり、案内方法を入念に確認する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から