奥入瀬渓流沿いの国道102号で樹木の安全点検をする関係者=12日、石ケ戸休憩所付近

 青森県は14日、十和田市・奥入瀬渓流沿いの国道102号で行った樹木安全点検の結果(速報)をまとめた。枯死など異常が見られた危険木は782本で、昨年(783本)とほぼ同数。うち伐採が必要な立ち木は43本、枯死枝は1172本。環境省など関係機関に所定の手続きを行い、秋までに処理する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から