会見後、肘でタッチを交わす成田頭取(左)と藤澤頭取=14日午後6時半、青森市のリンクステーションホール青森

 青森銀行(本店青森市、成田晋頭取)とみちのく銀行(同、藤澤貴之頭取)は14日、合併に向けた経営統合の協議に入ることで基本合意したと正式に発表した。2022年4月1日をめどに持ち株会社を設立し、24年をめどに合併する方針だ。5月下旬にも準備委員会を設置し、今夏に資産査定に入る予定。両行の貸出金は合わせて約3兆5千億円。県内シェアは7割を超え「寡占」状態になるが、20年11月に施行された同一県内の地銀再編を認める独占禁止法特例法の全国初適用を目指す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。