青森県は14日、県内で新たに31人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日の感染者数が2桁となるのは10日連続。青森市では、入所型高齢者施設と飲食店でそれぞれ新たにクラスター(感染者集団)が発生した。

 県と青森市は飲食店クラスターについて、利用者が特定できない恐れがあるとして、店名を同市新町1丁目のすし店「一八寿し」と公表した。感染リスクのある今月2日から12日までの期間中に同店を利用し、症状がある人や感染の不安がある場合に、保健所へ連絡するよう呼び掛けている。

 同店では14日、従業員または利用客の3人(青森市20代~50代男女)が陽性に。これまでに感染が判明している2人と合わせ、店舗での感染者数は5人、同居人ら関連も含めると計11人。青森市によると、2~12日の利用見込み客は600人程度という。店舗は13日以降休業している。

 入所型高齢者施設のクラスターでは、14日感染発表の1人(青森市60代女性)を含め、施設の利用者または従業員計5人の感染が確認されている。このクラスターには、11日判明の通所型高齢者施設クラスターと重なる感染者がいる。複合するクラスター2件の感染者は、関連も含め計16人。市によると、2施設では17日以降にワクチン接種を進める予定だった。利用者らが特定できているとして、施設名は非公表とした。

 県が14日発表した新規感染者31人のうち、感染経路不明は9人(青森市3人、八戸市2人、弘前管内4人)。入院者数は84人で、県が公表している確保病床数206床に対する使用率は40.7%。国の指標のステージ3(感染急増)相当を上回る状況が続いている。県内の感染確認累計は1926人。