ガードレールで封鎖された国道103号沿いの空き地=14日、十和田市の蔦トンネル付近

 青森県十和田市の十和田八幡平国立公園内にある「赤沼」に向かう山岳愛好者たちが、国道103号沿いの空き地を駐車スペースとして慣例的に使っている状況を受け、土地所有者の三八上北森林管理署が今週からこの空き地を封鎖したことが14日、同管理署への取材で分かった。管理署は早ければ5月中にも封鎖する方針を示していた。複数の山岳団体は解除を求め、週明けにも共同で要望書を出す方針。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から