定例記者会見をする東京都の小池百合子知事=14日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事は14日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催と新型コロナウイルス対策を両立させる方針を強調し、「両方を都庁全体を挙げて進めていくのは都の役割だ」と述べた。元日弁連会長の宇都宮健児氏らがオンライン上で募った35万筆超の署名に基づき、大会中止の要望書を都へ提出したのを受けた見解。

 小池氏は「パンデミック(世界的大流行)ではあるが、安全安心に開催するのは重要だ」と述べ、五輪とコロナ対策の部署の双方がそれぞれ準備を進めていると説明し、「海外ではいろいろな状況の中でスポーツ大会が開かれている」とも言及した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む