青森県は14日、2020年度に県内で生活保護を受けた世帯(月平均)が、19年度比171世帯減の2万3741世帯だったと発表した。過去最多だった17年度の2万4065世帯から、3年連続で減少している。一方で、65歳以上の高齢者世帯の受給は増加傾向が続き、20年度は全体の63.2%を占めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。