発見されたゼロ戦の機銃を見つめる杉山栄作さん=2月、千葉県睦沢町立歴史民俗資料館

太平洋戦争が終わった1945年8月15日の午前、千葉県の茂原海軍航空基地から複数の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が飛び立った。敵機の迎撃に向かったとされるが、5機が撃墜された。うち2機は、75年以上たった…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から