「仕事が日々の活力になっている」と話す工藤さん

 働く意欲のある高齢者の就業を支援し、生涯現役で活躍できる地域づくりを推進するため、青森県中泊町が2019年度に県内で初めて厚生労働省の採択を受けた「生涯現役促進地域連携事業」が最終年度となる3年目を迎えた。昨年度までに延べ100人以上の雇用につながっており、人手不足に悩む事業所と働く場を求める地元高齢者の橋渡しとして効果を上げている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から