支店が隣接する青森銀行とみちのく銀行。合併時には新たな銀行名になる=青森市浪打

 青森銀行とみちのく銀行が2024年の合併時に、現在の両行の名称を残さず、新たな銀行名とする方向で検討していることが13日、複数の関係者への取材で分かった。両行は22年4月に経営統合し、24年4月の合併を目指す。14日には両行頭取が青森市内で共同記者会見を行い、経営統合協議入りの基本合意を発表する見通しだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。