広場として整備される青銀旧八戸支店跡地(手前)。右奥が美術館
寄贈式に出席した八戸北RCの平野会長(左から2人目)ら

 今年11月にグランドオープン予定の八戸市美術館の事業区域内にあった青森銀行旧八戸支店の解体工事が4月末に終了し、真新しい建物が広い範囲から見通せるようになった。民間団体による備品の寄付も相次ぐなど、開館まで残り半年となった美術館では準備が順調に進んでいる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から