貴重な行政文書を収録した「階上町史 議会史料編」

 青森県階上町は今春、明治時代から戦中までの近代行政文書などを収録した「階上町史 議会史料編」を刊行した。町史刊行は20年ぶり。編さんに携わった同町文化財審議会の工藤竹久副会長は「階上の近現代史を知る上で貴重な資料ばかり」と語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から