上空15メートルから見た奥入瀬渓流温泉スキー場のシバザクラ。白やピンクの花が帯状に見える
スキー場駐車場から青空に揚がる気球。奥がスキー場の斜面=13日午前6時半ごろ

 青森県十和田市焼山地区の奥入瀬渓流温泉スキー場に咲く約7万4千株のシバザクラを空から楽しもうと、十和田奥入瀬観光機構(小野田金司理事長)は15~23日、熱気球を試験運用する。13日早朝、ゲレンデから約100メートル離れたスキー場駐車場で試験飛行が行われ、ピンクや白、青紫などの水玉模様が絵巻のように斜面を覆う様子が上空15メートルから見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。