家族らに見送られながら出航する生徒たち

 青森県八戸市の八戸水産高校(福嶋信校長)は12日、本年度の体験航海を始めた。海洋生産科の1年生と専攻科漁業科の1、2年生、乗組員ら72人が実習船「青森丸」(660トン)に乗り込み、八戸港を出航した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。