京都市は12日、基礎疾患のない20代男性が新型コロナウイルスに感染後に死亡したと発表した。陽性判明から4日後に容体が急変した。神戸市は感染していた20代女性が亡くなったと発表した。女性には基礎疾患があった。京都市の担当者は「謹んでお悔やみ申し上げる。把握している限りでは20代以下の死者は府内で初めて」とコメントした。

 京都市によると、男性は4月29日に発熱やせきの症状があり今月2日に検査したところ陽性が判明。複数回にわたって入院を希望したが認められず自宅療養をしていた。5日夜に男性と連絡が取れなくなった知人が警察と消防に通報、6日に自宅で死亡を確認した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む