青森県は12日、県内で新たに35人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。保健所管内別では青森市15人、五所川原7人、弘前6人、むつ4人、上十三2人、東地方1人と県内8管内中6管内で陽性者が判明。感染経路不明は14人だった。

 また県と青森市は、新型コロナに感染していた同市居住の1人が10日に死亡していたことを明らかにした。年代や性別、死因のほか、入院の有無などについても遺族の意向により非公表としている。感染者の死亡は計27人になった。

 県によると、感染経路不明者の管内別の内訳は青森市5人、弘前3人、五所川原と上十三各2人、むつ1人。東地方の10歳未満1人も現時点で感染経路が分かっていない。

 青森市では11日発表の通所型高齢者施設クラスター(感染者集団)関連で、利用者・職員の同居人ら2人の感染が判明した。

 青森慈恵会病院クラスターは職員または患者の80代以上男女2人の陽性が新たに分かった。同病院や同市本町地区のバーなどの複合クラスターの感染者は関連を含め267人(県外陽性者2人を含む)に増えた。

 五所川原管内の飲食店クラスターは、利用者または従業員4人(五所川原2人、青森市2人)と、関連する1人の陽性が確認された。

 むつ管内の新規感染者のうち3人は、11日に感染が判明した自衛隊大湊基地所属の20代男性自衛隊員(北海道に滞在歴あり)の職場関係者。むつ市によると、このうち2人は男性隊員の濃厚接触者で、もう1人は関連を調査中。3人とも20代男性で、基地内で隔離・療養中。このほか、自衛隊とは関連のない、同市の60代男性の感染も分かった。

 12日現在、県内の新型コロナ入院患者は80人で、県が公表している確保病床数201床に対する使用率は39.8%。重症5人、中等症10人。県内の感染確認の累計は1873人。