咲き始めたボタンの香りを楽しむ園児

 南部町ぼたんまつりが15日から同町の長谷ぼたん園で開かれるのを前に、まつりを主催する実行委員会(杉中清幸会長)は12日、地元のなんぶこども園の園児16人を同園に招待した。園児たちは、ぽつぽつと咲き始めたボタンの花に顔を近づけては「いい匂い」と歓声を上げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から