栽培槽にタカミの苗を定植する倉光市長

 特産のメロンの水耕栽培実証試験に取り組んでいる青森県つがる市は11日、同市の柏ガラス温室内で、3作目として同市の主力品種「タカミ」と「レノン」の苗を定植し、栽培を始めた。順調なら、7月中旬ごろからの収穫を見込んでいる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から