梵天を使い「ふじ」の花に花粉を付ける生徒、児童たち=11日、弘前市の東目屋中学校の学校園

 青森県弘前市の東目屋中学校の全校生徒46人は11日、学区内の東目屋、西目屋両小学校の5、6年生計40人を招き、学校園でリンゴの人工授粉作業を行った。小雨の降る中だったが、秋の実りに期待を込め、協力して作業した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から