母ザルに抱かれながら周りを見渡す赤ちゃんザル(左手前)
お昼の餌を食べ終え、日陰で休みながら赤ちゃんザルに授乳する母ザル

 青森県むつ市脇野沢の野猿公苑で、国の天然記念物「北限のサル」が出産シーズンを迎えている。今春は10日までに、ニホンザルの赤ちゃん4匹が誕生した。生まれたての赤ちゃんザルは、母ザルの胸に抱かれながら、時折周囲の様子をうかがうように辺りを見回し、愛らしい表情を振りまいていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。