稲葉課長(右)から県重宝指定書を受け取る浜谷町長
県重宝(考古資料)に指定された骨角器類(階上町教育委員会提供)

 青森県教育委員会は6日、階上町の寺下遺跡で見つかった動物の骨や牙などから作った骨角器類141点を3月に県重宝(考古資料)指定したことに伴い、同町に文化財指定書を交付した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から