月3千円で1日1杯ハイボールが飲めるサブスクリプションサービスを開始した「ウイスキーパブ ノワール」の工藤さん

 青森県弘前市の「ウイスキーパブ ノワール」が6日、同市鍛冶町のテナント施設「城東閣」に移転オープンした。定額で使い放題となる「サブスクリプション(サブスク)」が音楽や動画の配信などで広がっていることに着目し、月額税込み3千円で1日1杯ハイボールが飲めるサービスを始めた。コロナ禍で飲食業界にとって厳しい状況が続く中、店主の工藤楽人さん(33)は「仕事帰りにサブスクの1杯だけ飲みに来るとか、何かしら店に足を運んでもらうきっかけをつくりたい」と語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。