経営統合へ向け本格協議入りする、青森銀行の本店(写真左)と、みちのく銀行の本店(写真右)=10日夜、青森市内

 青森銀行とみちのく銀行が、経営統合に向けて本格協議に入ることを14日にも発表する方向で調整を進めていることが10日、県内や金融庁など複数の関係者への取材で分かった。両行が統合すれば県内の貸し出しシェアが7割に上り「寡占」状態となるが、2020年11月に施行された独占禁止法特例法の適用を目指すとみられる。統合の可否はまだ流動的だが、同法が適用されれば全国初となる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。