遅咲きの桜が来園者を楽しませた弘前さくらまつり最終日=5日午後2時ごろ、弘前公園

 4月17日から準まつり体制で開かれていた弘前さくらまつりは5日、閉幕した。まつり本部によると、ソメイヨシノの満開に比例し人出が増えたが、連休中は混雑せず、会期中に大きなトラブルなどはなかった。最終日の5日は曇り空だったが、来園者が遅咲きの桜を楽しんでいた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から