「アグリインホリデー」の英国風宿泊施設と渡邉さん。手前が5日にオープンする市民農園

 青森県弘前市小沢のアップルロード沿いにある英国風宿泊施設「アグリインホリデー」が今年で開業18年目を迎えた。地元の人にとっては日常的なリンゴ園や畑などの「田舎」ならではの風景をセールスポイントに、主に県外客の人気を集めてきた。5日は17年目となる一般市民向けのハーブ・野菜農園もオープンする。渡邉廣一代表は「コロナ禍で正直苦しいが、皆さんの笑顔を見るため頑張りたい」と張り切っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。