個人と唄付伴奏のA級で優勝し、2冠を達成した矢吹さん

 第39回津軽三味線世界大会(同実行委員会主催)は最終日の4日、弘前市民会館で上級者対象の個人A級など4部門を行った。約120人が出場し、東京都の三味線奏者矢吹和仁(36)さんが、唄付伴奏A級と本大会から男女混合になった個人A級での2冠を達成した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から