「1等賞もやって、2番3番もあって、(今回は)大きい大会なのに周回遅れでドベ。最後に拍手をもらうのもなかなかない」。日本選手権女子1万メートルで最下位に終わった後、福士加代子(青森県板柳町出身、五所工出、ワコール)はいつも通りの笑顔を振りまきオンライン会見に応じた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から