津鉄ア・モーレがレール・オーナーの周知の一環で作製したポスター。寄付額増加の一因になったという

 津軽鉄道(本社・青森県五所川原市)の会員制度「レール・オーナー」を活用した同社への寄付総額が2020年度、286万円に上り、前年度の約20倍に増えた。新型コロナウイルスの影響で厳しさを増す津鉄の経営状況を訴えかけるポスターや、架空のCGキャラクター「バーチャルユーチューバー」とのコラボ企画が話題を呼び、支援の輪が大きく広がったとみられる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。