分譲率が95.8%に達し、完売が近づいている八戸北インター工業団地。手前は八戸自動車道

 青森県八戸市北部にある八戸北インター工業団地の分譲率が4月末現在で95.8%に達し、分譲開始から約30年を経て完売に近づいている。内陸型では県内最大級の同工業団地は、立地環境の良さから製造業をはじめさまざまな業種の企業が進出し、雇用を創出するなど、市の産業発展に貢献してきた。市は新たな受け皿として第2工業団地を整備中で、さらなる産業集積を進めたい考えだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から