東奥日報社弘前支社屋上から撮影した弘前公園外堀のサクラ

 ゴールデンウイークを迎え、多くのサクラが終盤を迎えている青森県内。弘前市の弘前公園では“主役”のソメイヨシノがほとんど葉桜となっているが、東奥日報社は3月から、外堀のサクラをタイムラプス撮影(低速度撮影)した。約1カ月間をぎゅっと凝縮した映像から、徐々にピンクに色付いていく枝、開花にブレーキをかける降雪、咲き誇るサクラから花筏(はないかだ)に至るまでの記録を見ることができる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。