青森県弘前市など弘前さくらまつり主催4団体は30日、弘前公園で開催している弘前さくらまつりの出店に対し、1日から閉幕日の5日まで自主営業とすることを通知した。まつり期間中は最後まで営業を続けることが原則だが、人出の少なさを受けた出店側からの求めに応じ、方針を転換した。市は出店料などは返金しない。通知を受け、出店からは判断の遅さに不満の声も上がった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。