開館時からの投影機による最終投影。東の空が次第に赤くなり、夜明けとともにプログラムが終わる

 青森県弘前市の弘前文化センター(改修工事のため休館中)のプラネタリウムで40年来、星空をつくり出してきた光学式投影機の引退を前に、市中央公民館は4月30日、最後の投影の様子を報道関係者らに公開した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。