東北電力ネットワークは27日、太陽光や風力など再生可能エネルギー発電をめぐり、25日に誤って出力制御を行ったと発表した。誤制御により再エネ事業者が送電できなかったのは同日午前8時から午後4時までの8時間。仙台市にある同社のサーバーで設定を誤ったことが原因という。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から