三戸町がアップルドーム内に整備したコワーキングスペース。写真は共用スペース

 青森県三戸町は、さまざまな人が利用できる共有のオフィス「コワーキングスペース」を町スポーツ文化福祉複合施設「アップルドーム」内に整備し26日、町内関係者に披露した。新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増える中、町は移住・定住の促進や、利用者の相互交流によるまちづくり推進などに期待している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から