暖かな日差しを受け、風に舞う桜の花びらの中を散策する来園者=23日午後2時10分ごろ、弘前市の弘前公園西堀左岸

 準まつり体制で開幕した弘前さくらまつりは、本来の会期が23日、始まった。会場となる青森県弘前市の弘前公園内の桜は外堀や西堀を中心に、すでに散り始めているが、まだ見ごろの場所も。市民や観光客らは、風に舞う花びらや花筏(はないかだ)を撮影するなどして、穏やかな時間を過ごしていた。まつりは5月5日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から