第68惣寶丸が三沢沖で引き揚げた不発弾=23日夕(八戸海上保安部提供)

 八戸海上保安部によると、23日午前4時20分ごろ、三沢漁港の北東約22キロの太平洋で操業していた福島漁業(青森県八戸市)所属の沖合底引き網漁船「第68惣寶丸」(総トン数160トン、乗組員14人)が引き揚げた網の中に金属製の砲弾状のものが入っていた。海上自衛隊大湊警備隊の水中処分隊が調査した結果、不発弾と判明。後日処理されることになり、八戸港内の海に仮置きで一度沈められた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から