散った花びらが水面をピンク色に彩る花筏=22日午後2時ごろ、弘前公園外堀

 準まつり体制で開かれている弘前公園の弘前さくらまつりは22日、外堀の一部で散った桜の花びらが水面を埋め尽くす「花筏(はないかだ)」が見ごろを迎えた。水面に敷き詰められたピンク色のじゅうたんが来園者を魅了している。まつりは23日、5月5日までの「本会期」があらためて開幕する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。