コロナ禍でもゲームファンの憩える場をつくりたいと店を移転する鳥居さん
懐かしのゲームや駄菓子コーナーが並ぶ「レトロゲーム秘密基地」の店内
十和田市の中心街の一角にある店舗

 青森県十和田市稲生町でゲームセンターを営む鳥居秀憲さん(49)は昨年、開店2年目の、さあこれからという時にコロナ禍に見舞われた。閉店も頭をよぎったが、各地から寄せられた店を続けてほしいとの声に応えたくて、移転を決意。クラウドファンディングで得た資金を元手に、市内に今より広い店を構える予定だ。コロナ対策を充実させ、ゲームファンが安心して憩える場づくりに改めて挑戦する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。