花冷えの雨となった弘前公園では、行楽客が傘を差しつつ桜の風情を楽しんだ=17日午後3時半、西堀
傘を手に満開となった園内の桜を楽しむ家族連れ=17日午前、八戸市の八戸公園

 例年になく速いペースで桜の開花が進む青森県内。17日は雨にもかかわらず、行楽客や家族連れが各地の花の名所に繰り出した。新型コロナウイルス禍で公園閉鎖や、まつり中止が相次いだ昨春から1年。今年も「さあ宴会だ」とはいかない中、それぞれが「密」を避け、食べ歩きを控え、思い思いに花を楽しんだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から