結団式後、楽器演奏を体験する子どもたち

 西北地区の小学生でつくる吹奏楽団「西北ジュニアウインドブラス」(西村ちひろ代表)が17日、発足した。青森県五所川原市の立佞武多(たちねぷた)の館で結団式を開き、7月のコンクール出場に向けて活動を本格的にスタートさせた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から