青森市の小野寺晃彦市長は16日の記者会見で、開催に向け準備が進む今夏の青森ねぶた祭(8月2~7日)について、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生状況によっては、直前での祭り中止決定もあり得るとの認識を示した。市長は「どんなに直前までオーケーであっても、直前で爆発的なクラスターがあればそれはできなくなる」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から