青森県野辺地町で、最大出力8万4千キロワットの風力発電計画があることが16日、分かった。事業主体である再生可能エネルギーの発電事業者「NC電源開発」(東京、大山顕徳代表)は、環境影響評価法に基づく計画段階環境配慮書の縦覧を同町などで行い、環境保全などへの意見を募集している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から