八戸高専が開発した防護服とポリ袋の「ヘルメット」を着用する同校看護師

 八戸工業高等専門学校(圓山重直校長)は16日、新型コロナウイルス感染症患者に対応する医療従事者向けの防護服を開発したと発表した。防護服の背部にある送風機で服の内部に空気を送ると、頭にかぶった透明のポリ袋が膨らみ、ヘルメットの役割を果たす。送風機の空気取り込み口の高性能フィルターが、ウイルスを含む飛沫(ひまつ)やエーロゾル(微粒子)の内部への侵入を遮断するため、担当者は「感染の恐れがなく、医療従事者が安心して作業ができる」としている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から